体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の用語集

非配偶者間人工授精

非配偶者間人工授精というものは、一体どういうものなのでしょうか。これは、仮に夫が無精子症などであった場合で、どうしても妊娠して子供が欲しいといった場合、夫以外の精子を使うことで人工授精をしようといった方法になります。

非配偶者間人工授精は、現在日本で行われている配偶子提供による唯一の生殖補助技術になっています。この技術では、1948年に実施が始めて行われてから、1万人以上の赤ん坊が誕生したといわれています。しかし、現在では生殖補助技術が進歩したことによって、仮に無精子症であったとしても、顕微授精などによって妊娠ができるようになりました。

これにより、非配偶者間人工授精は、絶対的無精子症に限定して行われるようになりました。実際にはいくつかの問題点も残されています。例えば、精液を通じた感染であったり、双方が非配偶者間人工授精を必要とする者同士の婚姻であったり、法律上の親子関係はどうなるのかといった部分になります。

これらの問題点をカバーできるのであれば、問題なく非配偶者間人工授精を行ってもいいのではないかと思います。ただ、出来るのであれば自分の遺伝子を使った子供を誕生させたいと思うのが普通ですよね。どうしようもないような状況を除いては、非配偶者間人工授精以外の方法を何とかして探すことや、しっかりと医師と相談をするということが大切になるのではないでしょうか。不妊治療の中でも、ある意味最終手段といっても構わないかと思います。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved