体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の用語集

子宮外妊娠

子宮外妊娠というのは、受精卵が子宮内膜以外に埋もれてしまうことをいいます。この場合、当然のことですが赤ん坊が育つスペースはありません。ですから、流産してしまったり、卵管が破裂してしまったりすることにより、母体が危険な状態になってしまうこともあります。

ですから、早めに受診するということが非常に大切になってきます。この子宮外妊娠の治療法としては、手術により胎芽を摘出するといったことになります。

子宮外妊娠である場合、残念なことですが、赤ん坊の命は助かりません。また、子宮外妊娠の結果、破裂を起こしてしまった場合には、とんでもない苦痛に襲われるといいます。母体の危険性を考えたときには、母体の健康を優先させて処置をすることはやむを得ないことを十分に理解しておく必要性があります。

これはあくまでも緊急措置ですが、子宮外妊娠が早期発見され、状態的にも落ち着いている場合には、そのまま自然に吸収されて治癒するのを待つ待機療法や、薬物療法っであったり、手術であったりといった選択肢があります。

待機療法については全体の1割程度しかうまくいかないということなので、残りの二つを自然に選択するということになるかと思います。

これについて、どの処置を行うかについては、医師と十分に相談する必要があります。最終的には自分が一番後悔しないような方法を選ぶようにしましょう。また、子宮外妊娠に関する費用については、方法によって異なってきますので、その辺りについてもしっかりと説明を受けるようにしましょう。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved