体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の用語集

抗精子抗体

抗精子抗体というものは、どういったものなのでしょう。これは、子宮膣や、卵管内などに出現する抗体で、精子の表面に付着することでその動きを止めてしまいます。

抗精子抗体は、血液検査であったりヒューナーテストなどによって存在の有無を確認することが出来ます。ちなみに、この検査の費用については保険が利かないので、検査を受ける際には注意しておきましょう。

男性側の精液検査が問題ないにも関わらず、ヒューナーテストで基準値に満たないといった場合には、この抗精子抗体を疑っても問題はないと思われます。

しかし、抗精子抗体が陽性であったとしても、妊娠が絶対に出来ないというわけではありません。抗体値が低い場合には人工授精が可能である場合がありますし、抗体値が非常に高い場合であれば体外受精などを使うことで妊娠が可能になる場合もあります。

この抗精子抗体は、持っていることに対しては自覚症状がありません。ですから、検査を受けてみるまでは抗精子抗体を持っていることすら気が付かないという場合が多いです。

また、妊娠経験があったとしても、いきなり抗精子抗体が陽性になってしまうことだってありえるのです。抗精子抗体というものは、精子を異物とみなしてしまい、攻撃することで排除してしまう抗体です。

言ってみれば一種のアレルギーのようなものですので、アレルギー体質の人は抗精子抗体を持っていることが多いというデータがあります。それでも、基本的に原因は不明です。ですが、体外受精は可能ですので、諦める必要はどこにもありませんよ。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved