体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の用語集

原始卵胞

原始卵胞というものは、人間が産まれたときから持っている卵のことを言います。この原始卵胞には数に限りがあります。そして、この原始卵胞がなくなってしまうことにより閉経してしまいます。この数についてですが、産まれたばかりの状態では200万個の原始卵胞を持っているといわれています。

これが、年齢を重ねるごとに減少していくのですが、思春期の時には大体30万個くらいになり、そこからもどんどん減少していきます。それから、50歳くらいになると、1000個以下になってしまいます。

この年齢辺りに閉経が起こります。そして、卵巣の機能は停止してしまうというわけですね。これは、老化現象の一つになりますので、どうしても避けることは出来ないものになり、この辺りの年齢になってしまうと、体外受精であってもどうしても妊娠は出来なくなってしまいます。

反対にいえば、そこまでの年齢であれば困難ではあるかもしれませんが、妊娠・出産は可能になるわけですから、諦めないようにするということが非常に重要になってくるかと思います。

どうしても妊娠したいのであれば、そこまでは根気強く体外受精なり、他の不妊治療を受けるといいかもしれませんね。その際には、しっかりと医師の説明を聞いておくといいのではないかと思われます。

高齢妊娠については、それなりのリスクが発生してきますので、そのリスクをきちんと聞いて、受け入れてあげるということが非常に重要になりますので、一言一句聞き逃さないようにしましょうね。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved