体外受精をきちんと知ろう!

体外受精のリスク

流産率

体外受精を行った場合のリスクの一つとして、流産率が通常妊娠をした場合よりも上がるというデータがあります。これは、自然に妊娠した場合の流産の確率は1割くらいだと言われているのですが、体外受精の場合は、流産率が2割弱まで上昇してしまいます。

ですから、体外受精を行って、せっかく妊娠したと思っても、5回に1回は流産してしまう可能性があるということですね。

自然に妊娠したとしても、流産してしまうリスクはあるわけなのですが、更にそのリスクが高くなってしまうということですね。ですが、基本的には体外受精をしたいという人の場合は、こういったリスクは全て受け入れた上で体外受精を行うということになるのかと思います。

妊娠して子供を産みたいという想いがあるわけなのですから、流産という言葉に負けるわけにはいかないのではないでしょうか。もちろん、自然妊娠と違ってお金もかかりますので、慎重にいきたいところですが、将来的なことを考えても、そのようなことは言っていられませんよね。

可能性があるのであれば、どこまでも追いかけるべきなのではないかと思います。これから技術が発達していくことによって、流産の確率が自然妊娠と同じくらいに近づけば、まだ体外受精を選ぶことに対するリスクは減るのではないかと思いますので、今後の体外受精をはじめとする不妊治療の技術の向上に期待したいところですね。そうでなくても、自然妊娠が難しい場合であれば、体外受精を受けてみることは間違いではないかと思います。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved