体外受精をきちんと知ろう!

体外受精のQ&A

胚移植後はどれくらい安静にしたらいい?

体外受精のプロセスの中にある肺移植後ですが、この後はどれくらい安静にしたらいいのでしょうか。基本的には採卵の場合であれば、全身麻酔をしたかしないか、麻酔そのものを使っていないかというところによって異なってきますが、大体30分から2時間くらいの安静が必要になる場合が多いようです。

また、胚移植の後であっても大体30分から2時間くらいの安静を取る場合が多いようです。これは、出血などのリスクをなるべく回避することと、やはり肉体的に負担がかかっているというところから、十分に身体を休めるという意味合いでの時間であると思われますので、その時間は人によって変わってくるかと思われます。

そして、胚移植後であれば、長い間休んでいれば、着床率が変わってくるとも言われていますが、基本的には安静時間が長くても短くても、着床率に差はないという報告がありますので、その辺りは安心してもいいのではないかと思われます。

もしもこれで着床率に差が出るということであれば、どうしても長い間休んでいたいと思うのでしょうが、基本的に差がないということですから、自分自身疲れが取れれば別に動いても問題はないと思われます。

しかし、急に動いたりするということはやめるようにしましょう。普通に妊娠している人でも急激に動いたりすると流産に繋がったりすることがありますので、その辺りだけは気をつけるようにしたほうがいいのではないかと思います。せっかく授かったかもしれない命を捨てるようなことはしないようにしましょうね。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved