体外受精をきちんと知ろう!

体外受精のQ&A

妊娠率と年齢の影響はある?

妊娠率と年齢の影響はあるかどうかですが、体外受精をするしないに関わらず、排卵をしないと出産は出来ません。反対に言えば、排卵さえしていれば出産は可能になります。ですが、高齢出産は危険とかいうことがあるように、年齢と共に妊娠率は下がるというデータがあります。

ですから、体外受精を使うことでどうしても妊娠して子供を産みたいというのであれば、早めに受診することをお勧めします。特に、晩婚化が進んでいるので、そこから子供を産みたいと思ったときに、もしかしたら不妊症かと思ったのであれば、更に早めの受診をお勧めします。

一般的に35歳以上であれば高齢出産という風に言われますので、それ以降は通常妊娠であっても、体外受精であっても妊娠出産が困難になってしまいます。

かといって、困難であるだけで、必ずしも出産が不可能というわけではありません。最悪のパターンですが、帝王切開ということも出来ますので、決して悲観的になる必要性はありません。あくまでも出産は出来ますので、後は妊娠が出来るかどうかということになりますね。

これについては、どうしても子供が欲しいというのであれば、諦めずに体外受精を行うといったことをするといいのかもしれません。このような部分については、実際に体外受精を受ける前に、しっかりと説明を聞いておくといいでしょう。

実際に直接説明を聞くことによって、理解を深めることも出来ますし、リスクの発生に対しても前向きでいることが出来るのではないでしょうか。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved