体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

胚移植

胚移植のタイミングや方法については、胚の状態、子宮内膜の状態といった部分を考慮した場合、数パターンの方法があります。基本的な移植方法としては、細いチューブに受精卵を入れます。

それから、超音波で確認をしながら、採卵したときと反対の方法を使い子宮の中に戻すようにします。胚移植の方法ですが、まずは分割胚移植というものになります。

この方法は、分割を始めた受精卵を2日から3日で子宮内に戻すといった移植方法になります。それから、胚盤胞移植というものがあり、これは、受精卵が分裂していき、胚盤胞と呼ばれる状態になったときに移植をするといった方法です。この状態までいけば、妊娠率は上がるのですが、この状態までに分裂が止まってしまった場合には、移植が出来なくなるといった場合もあります。

それから、二段階胚移植というものがあり、これは、上記二つを組み合わせたものになります。両方からのアプローチになりますので、妊娠もしやすくなると思われますが、最低でも胚が二つ必要かつ、一つが胚盤胞の状態まで育たないと意味が無いというところがあります。

そして、可能性として同じ胚を2つ移植するため、多胎妊娠という事態になるリスクもあるわけです。この他にも、排卵日を確認した上で、受精した胚を腹腔鏡を使って卵管采から子宮に注入するというZIFTという方法と、状態の良い精子と卵子を体外受精させずにそのまま卵管内に注入するGIFTという方法があります。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved