体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

排卵誘発

妊娠をするのには、排卵は絶対に必要になってきます。体外受精をまず行う場合においても、当然これは重要な要素のひとつになってきます。妊娠しないのが排卵がうまくいかないといったところに原因があるとしたら、まずは排卵誘発を行ってあげる必要性があります。

排卵がうまく出来ない、排卵障害の原因としては、月経周期が短かったり長かったりして、基礎体温が二相性になっていないことが考えられます。このような状態では、排卵がうまくいかないということが考えられます。

この他にも、卵胞の発育が悪かったり、育っているにも関わらず排卵しなかったり、排卵しても状態が良くないといった場合には、排卵誘発を行ってあげる必要があります。こういった時は、排卵誘発剤というものを使ってあげるようにします。

排卵誘発剤は、使いすぎてしまうと耐性が低くなってしまうということもありえますので、慎重な取り扱いをしてあげるといった必要性があります。この、排卵誘発剤には、副作用もしっかりと存在しますので、使用の際にはこの部分を十分に加味してあげる必要性があります。

副作用のひとつとしては、卵巣過剰刺激症候群というものがあります。これは、通常は一つしか発育しない卵胞が、複数発育することで卵巣がはれてしまうことを言います。

通常は時間経過で治りますが、ひどくなると入院が必要になってしまうかもしれませんので、注意しましょう。また、下腹部痛や吐き気などの症状が出る場合もあります。この場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved