体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

妊婦判定

胚移植が終了したら、検査を行うことによって、妊婦判定を行うことになります。体外受精を行った後もそうですが、これによって妊娠が出来ているかどうかということがわかりますので、非常に緊張するものになることは間違いありませんね。

まず、尿検査を行います。これは、尿の中に含まれているHOGと呼ばれているホルモンの値を測定します。これについては、妊娠が成立していても日数が経過しないと判定するのが難しいのです。ですから、検査があまりにも早すぎたりしてしまうと、妊娠していたとしても陰性、と言った場合も考えられるわけです。

それから、血液検査になるのですが、これも尿検査と同じように、HOGのホルモン値を計ります。この検査については、尿検査を行うよりも、早い段階で正確な結果が出ることが分かっています。ですから、最近は血液検査を使った妊婦判定というものがよく行われているようですね。

結果が早く出るというのは非常にいいことだと思いますし、体外受精の結果を待っている間もストレスは溜まってしまうものですから、仮に妊娠できていたらストレスは身体にとって毒になってしまいますから、そのストレスが少しでも軽減できるというのは非常に大きなことだと思います。

そのうち研究が進んでいくことにより、こういった検査よりも更に早く、安全に出来るような妊娠判定が出来るようになることが期待されています。血液検査を行って、妊娠が出来ているかということを調べるようにするといいのではないかと思われます。ただ、この方法においては、やはり身体を少しでも傷つけてしまうということも考えられますので、日数が経っても大丈夫なのであれば、尿検査でもいいのかもしれませんね。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved