体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

凍結

体外受精の技術が向上したことによって、体外受精のプロセスが終了した後に余った胚を凍結するといったことを行うようなりました。技術の向上に伴って、凍結した胚であっても、妊娠率には差が無いというようになったからです。

体外受精の技術の向上から、一度にたくさんの胚を移植しなくても妊娠率をそれまでと同じように、もしくはそれまで異常に向上させることが可能になったという背景から、余ったものは一度凍結を行うことによって、次回以降の治療に利用するようにしています。

凍結を行うもうひとつの理由としては、子宮内膜と胚の時間ポイントを一緒にするというところです。培養した胚を子宮に戻す際に、子宮内膜が胚にとって良い状態であるとは限りませんし、着床しにくい環境であることが多いです。それは、体外で育てたほうが、胎盤胞への到達が遅い傾向にあるからです。

体外環境は実際のところ、胚にとって苛酷な環境であることが考えられます。ですから、受精卵が胚盤胞になったころには、子宮内膜の着床しやすい時期からずれてしまっているということが考えられるわけです。このままの状態で胚に戻すということは、仮に胚の状態がよかったとしても妊娠しないという結果になってしまいます。

このような結果を避けるために凍結を行うわけですね。このような状態の他に、ホルモン環境が悪いといった場合には、一度胚を凍結し、状態を整えてから移植を行うようにしているということです。このように、凍結は非常に重要な技術になっているわけですね。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved