体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

受精 ・ 培養 ・ 分割

卵子と精子を採取した後は、胚培養士により、受精作業と培養作業が行われることになります。これについて、体外受精の必要性を理解した上で、出来るだけいらないことはしない、身体の負担を減らすような方法が日々研究されています。

そして、この行程を実施するといった施設も増えてきています。まず、受精ですが、精子と卵子を、シャーレと呼ばれる容器の中で混ぜ合わせます。

それから、人間の卵管に近い環境になっているインキュベーターというところで培養することで受精させるようにします。体外受精においては、じゅせいそのものは、卵子や精子それぞれが持っている自然の力に任せるというようにします。あくまでも人間の体内と同じような感情と状況を作ってあげて、自然に受精を行えるようにしてあげるというのが、体外受精の受精プロセスになっているというわけですね。

次に、培養なのですが、受精卵を培養するといった技術も進んできているので、改善はされてきていますが、質が悪い受精卵を良くするといった技術はまだ完全ではありません。ですから、精子や卵子から、受精卵が本来持っているはずである力を引き出してあげられるようにしなければいけません。

それから、受精卵の分割になるわけですが、これは、受精が完了し、日数が経つことにより分割が始まっていきます。5日から6日が経過すると、胚盤胞と呼ばれる状態になるのですが、この状態になれば、着床率並びに妊娠率が高くなります。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved