体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

採卵

体外受精を行うには、採卵をしなければなりません。採卵で取り出す卵子は、卵胞という部分の卵胞液の中にあり、ここに針を刺してあげるとこで、卵胞液を吸引して、その中に含まれている卵子を取り出して、顕微鏡で確認した後に、培養液の中に移すといった流れを取るようにします。

この採卵針についてですが、この採卵に使うような針については、研究や開発がなされることで、身体が傷つかないように細くなっているというような工夫がされています。この結果として、採卵時における出血などは減少しているということが言えます。

基本的には、採卵針は病院によって医師の使いやすいような形になっているなどの工夫がされています。

この採卵時の麻酔についてですが、病院によって異なってきます。全身麻酔を行うといったところもあれば、局部麻酔を行うところもありますし、麻酔を使わないといったところもあるくらいです。そして、麻酔を使わなくても痛みが無いといったこともあるようで、この辺りは医師のスキルがものを言うといった感じなのではないでしょうか。

それから、排卵のリスクですが、一番多いのは出血になります。この出血は、採卵を行った後に安静にした状態で問題が無ければそのまま帰れるのですが、出血が多い場合は入院が必要になることもあります。そして、全身麻酔を行った場合、身体の負担も大きくなるので注意するようにしましょう。出来れば全身麻酔を行うようなところは避けた方がいいのかもしれませんよね。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved