体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の流れ

採精

体外受精をするには、卵子のほかに当然のことですが精子も必要になってきますので、採卵をする日に併せて、精液を自宅か採精室と言われているところに行って採ることになります。基本的に、精子は体外に出た後、何もしないでいると勝手に死んでいってしまいます。ですから、自宅で精液を採取した場合には、病院には2時間から3時間の間に提出するようにしましょう。

別に暖めたり冷やしたりといったことをする必要はありません。また、別に早ければ早いほど妊娠率が上がるというわけでもありませんが、この提出時間は守るようにしましょう。

また、採卵日が決まっていたとしても、それに併せて来院が出来ないといった場合には、精子の凍結保存というものを行うようにします。これを行うことによって、採卵を行ったときにすぐに使うことが出来るというものです。凍結保存しているからといって妊娠率が下がってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、凍結しない精子とは妊娠率に差は無いので、安心してください。

また、女性不妊があるように、男性にも男性不妊といわれるものがあります。大体の場合は、精子が精液中に存在しなかったり、精子の働きが悪かったり、形の異常を起こしているといった場合になります。

こういったケースにおいて、体外受精などの手法をとってあげる必要性が出てくるわけですね。精子に関することにおいては、まだまだ解明されていない部分が多いため、日々が研究になっています。男性が出来ることは、なるべく規則正しい生活と運動とを行ってあげるという点になるでしょう。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved