体外受精をきちんと知ろう!

体外受精の基礎知識

体外受精とは

体外受精という言葉は、大人の男女であれば、知らない人はいないといわれるくらいの言葉ですが、これはいったいどういったものなのでしょうか。

体外受精とは、通常は体内で行われる精子と卵子の受精というものを身体の外で行うことで、受精した卵を子宮内に移植するといった方法になります。通常の性行為でどうしても子供が出来ないといった場合に使われるような方法になります。

現在では、非常にメジャーな手法になっているといえるでしょう。この体外受精の歴史としては、1978年に、初めて成功して以来、30年間の歴史を持っていることで知られています。この30年間の間、体外受精の技術は飛躍的に進歩してきました。

データとしては、2003年には体外受精で生まれたという子供は、17000人に達したといわれています。これは、計算上は約60人に一人の赤ちゃんが体外受精で生まれているといった計算になります。

何気にこの数字は大きなものであるとも取られ、体外受精が確かにメジャーなものになりつつあるということを証明してくれるもののひとつになっています。子供が出来ないからといって、簡単に諦めたりするといった必要も無く、可能性であり、確実ではありませんが、子供が出来るといった可能性を持つことが出来るというのは、女性にとっては非常に大きいことなのではないでしょうか。

これから、体外受精についての基礎知識を紹介していきますので、是非ともご覧ください。

このサイトについて

体外受精の基礎知識

体外受精の流れ

体外受精のリスク

体外受精のQ&A

体外受精の用語集

Copyright (C) 体外受精をきちんと知ろう! All Rights Reserved